脱毛サロンの脱毛器(脱毛マシン)の種類の違い

脱毛サロンといっても脱毛サロンごとに脱毛器(脱毛マシン)が違います。言ってしまえば、脱毛の効果というものは、脱毛サロンによって違うというよりは、脱毛器(脱毛マシン)によって違うということになります。

脱毛サロンの脱毛器(脱毛マシン)は大きく分けて3つあります。以前の記事でも書きましたが、IPL脱毛、S.S.C脱毛、SHR式脱毛です。これらはいずれも光脱毛(フラッシュ脱毛)という脱毛法です。光脱毛(フラッシュ脱毛)は、特殊な光を毛根近くのメラニンに反応させて、毛の成長のもとになる毛乳頭に熱ダメージを与えて熱凝固させて働かなくさせることによって、毛の再生を抑制するというものです。

光脱毛では脱毛完了まで最低12回くらいはサロンに通う必要があり、脱毛を終えるまでに2年程度かかる人がほとんどです。

IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトの略で、キセノンランプというランプを使用した脱毛器(脱毛マシン)です。毛根のメラニン色素に反応し、熱で毛根を弱らせることで脱毛をしていきます。IPL脱毛を採用している代表的な脱毛サロンは、銀座カラー、キレイモ、シースリー、ピカリ(PIKARI)などがあります。

S.S.C脱毛は、スムース・スキン・コントローンの略で、クリプトンライトというライトを使用した脱毛器(脱毛マシン)です。肌にジェルを塗り、ジェルとライトの相乗効果で毛が生えてくるのを抑えて脱毛を促進していきます。S.S.C脱毛を採用している代表的なサロンは、ミュゼや、恋肌、コロリーです。

SHR式脱毛は、Super Hair Removal方式の略で、毛穴の内側にある毛包と呼ばれる部分にあり、発毛の元となる物質でもある発毛因子が作られるバルジという部分に熱をあてます。そうしてバルジに蓄熱された熱により、発毛因子がダメージを受け、発毛を抑制する脱毛法です。IPL脱毛を採用している代表的なサロンは、ストラッシュ、ラココがあります。

その他にもハイパースキン脱毛というのも最近増えてきました。痛くなくてハイスピードでできるということで、子供がよく通っているようです。

脱毛サロンの脱毛器(脱毛マシン)の種類もたくさんあるんですね。